ふるさと納税をすると家電がもらえる|お得な収め方

話題になっている納税制度

電化製品

活用するとお得な制度です

ふるさと納税は近年新しく出来た納税制度で、納税という言葉になっていますが実際は寄附になります。まだ、この制度を利用している方は少ないのですが、認知度の普及と共に利用者が増えています。ふるさと納税は、自分の出生地の自治体や応援したい街などに寄附をする事で、税金控除が受けられるので節税効果が見込める制度になっています。ふるさと納税で寄附を行う事で、住民税などの税金から2000円を超える部分の寄附金額が差し引かれる仕組みになっています。つまり5万円の寄附を行えば、自己負担の2000円を差し引いた4万8000円分の税金控除が受けられる為、住民税が本来5万円かかる場合は実質2000円の税金負担で済むようになります。ただし、税金控除額には上限額が設定されており、自身の年収や家族構成などにより上限額は変わります。自分の税金控除上限額が分からない場合は、インターネットなどで控除上限額の早見表が見られますので確認すると良いでしょう。この便利なふるさと納税の利点は節税効果だけにとどまらず、他にも良い点があります。ふるさと納税を行うと多くの自治体から、お礼の品として返礼品がいただけます。なかでも特に人気があるのが、家電を返礼品として贈っている自治体への寄附が人気になっています。家電を贈る自治体は、街の中に大手家電メーカーの工場などを持っている自治体で行っている事が多く、返礼品としてテレビなどの家電を寄附者に対して贈っています。ふるさと納税は税金控除が受けられる上に、返礼品ももらえる事から利用者が増加しています。